• ホーム
  •  >  スキンケアアドバイス02

スキンケアアドバイス02Column

02

肌が喜ぶ基礎化粧品

基礎化粧品の考え方
ゼノア化粧料の基礎化粧品は「皮膚のしくみに合わせる」事を最優先に考えています。
−皮膚の表面から内部に入らない−この機能が弱くなると異物の侵入を防ぐ力が減少して乾燥肌、敏感肌の症状を伴います。この機能を助け本来の正常な肌状態を保つための無水型コールドクリーム、弱酸性剥離性パック、弱酸性化粧水、クリームは皮膚のしくみに合った特徴を持つ基礎4点です。
メーク・汚れ落とし
ゼノアのコールドクリームは水を入れない無水型と呼ばれる汚れ落としです。アブラでアブラ汚れを取り除くという自然科学の理にかなった方法です。乳化剤(合成界面活性剤)を使用しない製法は、ゼノア化粧品の特徴です。アブラで保護膜を作る事は、肌の健康につながり、さらに蒸しタオルとの併用で血流を促して毛穴を引き締め、美しい素肌の維持につながります。お化粧をしない時もコールドクリーム洗顔と蒸しタオルが美しい素肌を保つ方法です。
弱酸性の剥離性パック
皮膚は代謝の衰えとともに弾力がなくなり硬くなっていきます。クレイパック※は、角質細胞(垢)を落として毛穴を引き締め血流を促し、ハリのある明るい素肌へと導きます。
※クレイ・・・土壌から採取されるミネラルを含む粘土を乾燥させた物
週1回の弱酸性剥離性パックは老化と共に鈍る新陳代謝を早め、年齢を問わず美しい素肌を維持します。
創業者小澤王晃の言葉
肌をより美しくと願う事は、肌に栄養、薬を与る事ではなく「古いものを捨て、新しいものを生み、そして保護する」これが美容の科学です。
弱酸性化粧水が必要な理由
皮膚の表面は微生物菌が皮脂を酵素で分解し、正常な弱酸性の状態に保たれています。細菌を寄せつけない、シミを作る酵素の働きを抑える等の役割があります。
A30シリーズの化粧水には、五倍子タンニン・カキタンニンを配合しています。トラブルを防ぎ丈夫で健康な肌へと導きます。性別を問わずご使用できます。
近年夏場の異常な暑さや、紫外線の強さに伴い肌への負担も増加しています。
そのような環境から肌を守るのが弱酸性化粧水です。
素肌を美しく・・・クリームの選び方
本来肌が分泌する皮脂は、天然の皮脂膜になり、多種多様の脂や油、脂肪酸が混ざり合った保護膜の役割になります。
ゼノアの油脂のクリームは皮脂の成分に近く皮脂膜の代わりになるので微生物菌(常在菌)が働きやすく、肌に馴染んで包み込み、浸透しない皮膚を守ります。この様なアブラのクリームで覆われた肌は紫外線、風等の外界からの影響も受けにくく、シミ、シワ、乾燥等の悩みも軽減します。皮膚が本来持っている役割を壊すことなく美しさを保つ肌を造る。これがゼノア化粧料福岡の願いです。

最近見た商品Browsing History

営業日カレンダーCalendar

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031